“入れ歯の得意な歯医者さん”が、入れ歯の悩みを解決。

熟練の技工士さんと30年来のチームワークで、高度な入れ歯を提供。辛い入れ歯の悩みを35年の経験と技術を駆使し、解決したい。

なぜ、「入れ歯」なのか。

なぜ、「入れ歯」なのか。歯周病は40代から急激に悪化すると言われています。

実際、当院に来られる患者様も、40代~60代の方が非常に多いです。日本の人口構成から考えても頷けますが、この世代の方は、本当に歯を失っている方が多いのです。

これから数十年かの人生がある中で、歯を失ってしまったらどうしたら良いのでしょうか。最近ではインプラント治療も登場し、一般的になっておりますが、何らかの理由で、患者様ご自身がインプラント治療を選択されなかった場合、ブリッジや入れ歯となります。


そして、入れ歯が合わなく、おいしくものを食べられなくなり悩んでいる方がたくさんいます。入れ歯安定剤がたくさん売れていることもそれを証明していると言えるでしょう。 毎日、三度、三度の食事のたびに、入れ歯が合わなく、痛みなどを感じていたら、これは相当な辛さであることでしょう。だから合わない入れ歯を、入れ歯安定剤などで何とかしようとする。


しかし、入れ歯安定剤は、あくまでも応急処置として使用するものです。合わない入れ歯を、入れ歯安定剤でごまかして長期間使用すると、歯ぐきにダメージを与え、アゴの骨までも吸収させてしまいます。 入れ歯が合わない場合は、新しいものを作り直さなければなりませんが、作り直さなくても適合を改善する方法もあります。入れ歯安定剤でごまかして我慢するのでなく、入れ歯に精通した歯科医院への受診をおすすめします。

クラーク歯科 院長田中伸一

マウスプレパレーション(前処置)

入れ歯において、「痛い」とか、「強く噛めない」などの症状は、入れ歯を正しく装着するための、「前処置」となる、口内環境を整えることである「マウスプレパレーション」が、きちんとされていないがために起こっている場合が多いです。

  1. むし歯や歯周病の治療をする。
  2. 入れ歯の安定のために、入れ歯のバネがかかる部分の歯の形を整える。
  3. 咬み合わせを調整する。

など、入れ歯をつけるには、口内環境の整備が重要となります。しかしながら、この前処置が十分になされていないケースが散見され、そのような状況下で作られ、装着された入れ歯は、残っている歯をゆさぶり、抜歯する役割となってしまったりもします。

レスト形成を駆使した入れ歯

レストとは、入れ歯のバネに作られた小突起のことです。レストシートとは、レストと適合させるために支台歯に形成される溝です。レストを支台歯に形成したレストシートと適合させることで、入れ歯が安定します。

歯は、上下にかかる力には強いですが、横揺れには非常に弱いという特性があります。つまり、入れ歯のバネが、歯の高い位置にかかると、それだけ揺さぶられることになり、歯を失う原因になってしまいます。 このようなことからも、熟練した技術で、 の位置を考え、形成することで、歯に横にかかる力を最小限にしつつ、入れ歯を安定化させます。

ミリングテクニックを駆使した入れ歯

部分入れ歯を固定するためのバネは、どうしても目立ってしまいます。しかし、「ミリングテクニックを使った入れ歯」であれば、 バネが目立ちません。

ミリングテクニックを使った入れ歯は、入れ歯と、それを支えるための歯(支台歯)の両方に、「ミリング加工」を施すことで、入れ歯の高い安定性を実現します。さらに、高度なミリングテクニックを使うことで、支台歯にかかる負担を著しく軽減します。

コーヌスクローネ入れ歯(保険適用外)

コーヌスクローネデンチャーは、究極のリジットサポートを実現します。はめ込み式で取り外しが可能な入れ歯です。

自分の歯に金属冠を被せた土台(内冠)を作り、内冠にぴったり合う外冠に入れ歯をつけて、内冠に外冠を被せるという装着方法です。インプラントなど、外科的な手術を避けたい方にはおすすめできます。取り外しも可能ですが、簡単に外れることはありません。茶筒のふたが摩擦の力により簡単には外れない原理です。

金属床義歯

金属床義歯は、義歯床の部分が金属で加工されている入れ歯です。

プラスチックで作られた入れ歯よりも強度面で優れており丈夫ななため、患者自体も快適に使用することが出来るというメリットがあります。

また、入れ歯全体も、プラスチックで作ったときのようなたわみを抑えることが出来ます。

クーゲルホック(ホック式の入れ歯用アタッチメント)

クゲールホックは、入れ歯をボールにパチッと嵌めて固定させる入れ歯を支持する為のホック式アタッチメントです。


隣在歯や歯茎で入れ歯を支えるのではなく、このボール部分で入れ歯を支えるので、しっかりとした噛み心地が得られます。

また、クーゲルホックは入れ歯とボール部分の間に「アイドリングスペース」という独自の遊びを設けることによって、噛んでいない時はなるべく歯茎に負担がかからず、噛んだ時には衝撃を和らげるといった作用があります。

インプラントの上部にクーゲルホックを使用することも可能です。インプラントと併用することでアゴの骨の吸収を抑えられ、さらに噛み心地が良くなります。